血液検査装置

血球の自動計数や、肝臓・腎臓をはじめとする化学分析が可能です。

デジタルレントゲン装置

撮影した情報をデジタル化して、写真を作成します。目的に応じて画像処理が可能です。

超音波検査装置

高周波の音波で、X線では見ることができない生体内部の像を見ることができ、体の各部位の動きを観察できます。

ICU(集中治療室)

手術後、絶対安静の場合に使用する集中治療室です。

顕微鏡

尿・便の検査、細胞の検査に用います。

レーザー治療器

創傷治癒、消炎、疼痛緩和を目的として使用します。

細隙燈顕微鏡(スリットランプ)

眼球の前部の状態を観察するための機器です。まぶたから結膜、角膜、虹彩、水晶体に至る部分の診断に用います。

眼底検査機器

眼球の後部、眼底の状態を観察するための機器です。主に網膜、視神経の疾患の診断に用います。

眼圧計

眼科検査のうち、眼圧測定のための機器です。緑内障やブドウ膜炎などの診断に有用です。

麻酔器

手術時の吸入麻酔濃度管理や、人工呼吸による呼吸管理などに用います。

手術用生体モニター

手術時の心拍数、呼吸数、血圧、体温などのモニターが可能です。

血管シーリングシステム

手術の際に血管や、結合組織をシールすることで、糸を使わず安全に止血や血管の切断を行える機器です。

内視鏡

主に消化管内の観察を行います。検査用標本の採取、異物の除去なども可能です。

手術用顕微鏡

手術部位を高率で拡大して観察することができ、眼科や神経科の手術で使用します。

白内障用超音波乳化吸引機

白内障やその他水晶体の手術に使用します。

心電図

心臓の状態を、電気的に測定する装置です。聴診を含む一般検査、X線など、他の検査結果と合わせて判断します。