kenshin-01

各種定期健診を必ず受けましょう

 病院に行くのは動物たちが病気になった時だけになっていませんか?
 動物たちは不調を言葉で訴えることができず、見た目で症状のわかりにくい病気も多々あります。また、動物たちは成長が早いため、ヒト以上に短い期間での定期健診が薦められます。病気の早期診断、早期治療のため定期健診を受けましょう。

健康診断の対象動物

わんちゃん
ねこちゃん

春の健康診断

さくらコース
生化学16項目

フィラリア抗原検査
たんぽぽコース
生化学16項目

フィラリア抗原検査

血球計算
すずらんコース
生化学16項目

フィラリア抗原検査

血球計算

T4+SDMA
  • 〔T4:甲状腺検査〕老齢犬猫に多い甲状腺の病気を確認します。
  • 〔SDMA〕初期の腎臓病を発見します。

フィラリア抗原検査(血液検査)

当院では春の健康診断の採血で同時にフィラリア症感染検査も行うことが出来ます。

滋賀県下でのフィラリア症の予防時期は、基本的に5月末〜11月末までです。
毎年フィラリア検査の検査結果を確認してからフィラリア予防薬の投与を始めましょう

血液検査(生化学16項目)

毎年行うフィラリア検査と併せて、肝・腎機能、コレステロールや血糖値など、16項目の血液検査を実施しています。

春の健康診断について

  • 健康診断のご予約は不要です。
  • 健康診断の追加検査をご希望の際は獣医師にご相談下さい。
  • 健康診断の結果報告が届くまでの日数は約10日です。

秋の健康診断

コスモスコース
生化学16項目

尿検査
マリーゴールドコース
生化学16項目

尿検査

血球計算
ダリアコース
生化学16項目

尿検査

血球計算

T4 or BNP
  • 〔T4:甲状腺検査〕老齢犬猫に多い甲状腺の病気を確認します。
  • 〔BNP:心臓病の血液検査〕初期の心臓病や聴診ではわかりにくい心臓病の発見に役立ちます。

尿検査について

可能な限り尿をご持参ください。採尿方法が分からない際は、当院までご連絡ください。
※病院で採尿する場合は別途1,000円が必要となります。

画像オプション

CT検査例
  • 【オプション1】レントゲン検査+超音波検査・・・5,000円(税別)
  • 【オプション2】CT検査(全身の精密検査として有効です)・・・40,000円(税別)

健康診断について

  • 健康診断のご予約は不要です。(ただし画像オプションは事前予約が必要になります)
  • 健康診断の追加検査をご希望の際は獣医師にご相談下さい。
  • 健康診断の結果報告が届くまでの日数は約10日です。

各種検診について

心臓検診(予約制)

ワンちゃんやネコちゃんが最近咳が増えたり、散歩に行くのを嫌がるようになった、などの症状はありませんか?
動物も人間と同じように心臓に負担がかかり、病気になることがあります。長く健康で元気でいられるよう、定期的に心臓検診を行いましょう。
胸部レントゲン検査・超音波検査(場合により心電図検査)を実施することで、心臓病の有無・投薬の必要性などを検討します。

心臓検診の内容

  • 一般身体検査・・・症状や心配なことについての問診や聴診、身体検査を行います。
  • 心電図検査・・・・心臓の状態を、電気的に測定し不整脈がないか確認します。
  • レントゲン・・・・心臓の形や大きさの評価、気管や肺の異常がないかを確認します。
  • エコー検査・・・・心臓内部の弁膜に異常がないか、心筋の評価などを行います。

注意点

  • 場合により胸の部分を毛刈りすることがあります。
  • 午前中にお預かりして検査を行い、午後の診察時間内にお迎えに来ていただく検査となります。

歯科検診(予約制)

ワンちゃんネコちゃんも人間と同じようにお口の中のトラブルは起きます。歯石を取り除かず放置しておくと歯肉炎や歯周病の原因となり、更に放置してしまうと口の中に穴が開いたり、蓄膿になってしまったりと、様々な病気に発展してしまいます。
定期的に歯科検診を行い、歯石を取り除き、お口の中の健康を守ることが大切です。

歯科検診の内容

  • 口腔内の視診・触診で咬み合わせや歯列の検査
  • レントゲン検査
  • 歯の数の検査
  • 口腔粘膜の色検査
  • 歯肉炎の有無を検査
  • 歯肉炎の有無
  • 口腔内の腫瘤の有無
  • 歯石の沈着の有無
など、歯全体の状態を調べることができます。