AAI日記~その⑬

こんにちは、橋本です。

AAI活動の一つとして、各幼稚園へウサギ🐇とのふれあい教室に数年前から参加させて頂いています。

今回は、幼稚園ではなく、大学生を対象としたふれあい教室に参加し、とても貴重な体験をしたので、次の池内先生には申し訳ないですが、割り込みのブログでご報告したいと思います。

まずは、その様子です。

始めは講義で、学校で動物を飼育するとはどういうことか?についてのお話です。

朝早くの体育館に、たくさんの学生さんに集まって頂きました。

動物を飼育することの児童に対する効果の内容に進んでいくと、みなさんさらに目が輝いてきました。

実は、今回のふれあい教室は幼小教師免許の取得を目指している、大学生のみなさんを対象にしたものだったのです。

将来、学校の先生となる彼らにウサギやモルモットに触って頂き、小動物とのふれあいが子供の教育にとても効果的であることを感じてもらえたと思いました。

今回、幼稚園や小学校に出向くだけでなく、大人を対象とした大学🏫でふれあい教室を開くことも、とても有意義であると思ました。

自分が獣医師の仕事をしていて、良かったと思える一日でした。

割り込んでしまいましたが💦、次は池内先生です🎵